無料アクセスアップ オレンジトラフィック

炎の魂対話!

日ごろの何気ない思いをなぐり書く!魂のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--(--)--時--分 |スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)

阪神淡路大震災

先日、淡路島の北淡にある北淡震災記念館を訪れた。1995年(平成7年)1月17日(火)思い出せば、当時大阪の実家で就寝中の出来事でした。下から突き上げられるような衝撃をうけ飛び起きた記憶が生々しくよみがえってきます・・・(日ごろは少々では起きないからよっぽどの衝撃だったと思います)このとき、実は不思議な体験をしています・・・震災の前日に、ベッドの頭上のタンスの上に乗っている花瓶類が妙に気になり、冗談で「地震でもきたら大怪我するよな!」といってタンスの上のものどけたのです。もし、どけていなかったら大怪我をしていたに違いありません!私の中で不思議な体験でした。

 ここには、百数十メートルにわたって野島断層という活断層が1メートルにわたり動いたそのままを保存してある。また野島断層の真上に立っていた民家もその当時のままで保存されている。実に生々しい!下の写真は私が撮影したものだが、自然の怖さをあらためて認識させられた!

 人は過ぎ行くものは忘れていくもの・・・その時、あの時、その時点では忘れまいと思いつつ、時の流れに流されていく! 震災15年と題した寄せ書きが記念館にあった。そこに恐縮ながら一筆書かせていただいた。「わすれないこと!」多くの犠牲者に祈りをささげつつ、この教訓を絶対忘れないと心に誓った。  合掌閾ェ蛻・471_convert_20100819173543 閾ェ蛻・476_convert_20100819173942



 
 
スポンサーサイト
08/19(木)12時04分 |未分類コメント(0) SEO対策:医療::日記:トラックバック (0):
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。